結婚式のドレス通販。上質なシルクのパーティードレス、フォーマルドレスなら、クラシックダーナにお任せください。

ドレスがTVに登場いたしました!

詳しくはこちらからどうぞ。


メルマガ

商品一覧

お客様のご感想

アウトレット

クラシックダーナについて


ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

クラシックダーナ - Classic Donna

Facebookページも宣伝

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom

当店使用のシルク生地と縫製








クラシックダーナ シルク生地について

当店では主にジムトンプソンのシルク生地を使用した商品を販売しています。

ジムトンプソンは世界的に有名なシルクをプロデュース、販売するシルク会社です。



写真はバンコクにあるジムトンプソン本店です。

タイの伝統的な建築様式が取り入れられた建物ですね。



このジムトンプソンはアメリカ人のJim Thompson によって創立されました。


ジムは、1906年アメリカ合衆国のデラウエア州の裕福な家に生まれた実業家で、プリンストン大学卒業しました。

卒業後は、芸術に多大なる興味があったものの、建築家になるためにペンシルバニア大学にて建築の勉強を続け、建築家になってからはニューヨークで1940年まで活躍していました。


タイの首都、バンコクへやってきたのは、彼が軍隊に自ら志願して入隊し、現在のCIAの前身であるOSSに配属され、任務のために彼の地に駐留することになってからでした。


バンコクにおいて様々なビジネスの可能性を見出し、タイという国とその人々を好ましく思っていたジムは、軍隊を除隊後すぐにバンコクに定住することを決め、そしてすぐに当時衰退の一途をたどっていたタイシルクに着目するようになりました。


タイシルクの並外れた光沢、質感、そして印象的な色のコントラストの見事な調和・・・

芸術的な感性を持っていたジムはすぐにその傑出した美しさと類まれな品質を見抜いたといいます。



この光輝くような光沢そして際立った品質が、海外で注目されると確信したジムは、1947年、生地をニューヨークに持ち込んだのでした。





ニューヨークには、かつてジムが建築家として働いていた時に知り合っていた Frank Crowninshield がいました。

フランクは「Vanity Fair(アメリカの雑誌で後に「Vogue」に合併される)」の前編集者で、ジムにとっての唯一のファッション業界関係者でした。


フランクはジムのために、当時の「Vogue」の編集長であったEdna Woolman Chase(Vogueの編集長を38年務めた)を紹介します。

エドナは、彼女の机に広げられた、美しいドレープを描きながらキラキラと光り輝くジムトンプソンのシルクを見て「magnificent new discovery(高貴な新発見)」と書きました。


その後すぐ、有名なデザイナーによりジムトンプソンのシルクでドレスが製作され、Vogueに掲載されました。

Vogueの記録によると、こうしてジムトンプソンのシルクはファッション界にデビューを飾ったと言われています。

写真(上):Vanity Fair

写真(下):言わずと知れたVogueですね!






このジムトンプソンのシルクが演劇界に進出するまでにはそう長くはかかりませんでした。

最初に演劇でタイシルクが使用されたのは、アカデミー賞受賞作品「80日間世界一周」を撮ったMike Toddのブロードウェーでのショーでした。

また国際的にもジムトンプソンのシルクが知れ渡るようになったのは、5回もアカデミー賞を取った衣装デザイナー、Irene Sharaffが、ミュージカル・コメディー、「王様と私(The King and I)」(1952年トニー賞受賞)でジムトンプソンのシルクを使用したことと言われています。


写真(左上):Irene Sharaff デザインのジムトンプソンのシルクを使用したドレス。色がわからないのが残念ですが、張り感は見て取れますね!

写真(左下):「王様と私」のワンシーン。




この後、欧米を中心にジムトンプソンのシルクの注文が殺到しジムトンプソンのシルクはハイクラスのファッション・アイテムとしてさらなる広がりを見せました。


ジムトンプソンのシルクは以下のものにも使用されています。

*映画「Ben Hur(ベン・ハー)」、「Kind Sir」

*Savoy Hotel (英国ロンドンの高級ホテル)
こちらがSavoy Hotel です。

*英国ウインザー城の部屋(Canaletto Room)
左の写真の遠くに見えるのがウインザー城です。
素敵!

*香港ヒルトンホテル(The Hong Kong Hilton)など。



クラシックダーナでは、この世界的に認められた高級感あふれるシルク生地を少しでも多くの方にお楽しみいただきたく商品をお届けしております。

当店ではジムトンプソンがプロデュースしている生地のうち、厳選したお色を使用しております。
ぜひ、当店のドレスをまずはご覧いただければ幸いです。






クラシックダーナ 縫製について

当店の商品の仕立てはクチュール(一点もの)のお仕立てを扱っている、シルク専門の工場にお願いしています。

ですので、一着毎のお仕立てがとても丁寧なのが特徴です。

ドレスにより仕様は異なりますが、お仕立ての裏側を一部ご紹介いたします。


◆ 裏地にシルクを使用
ウエストに切り替えのあるドレスでは、上身頃の型崩れを防ぐために裏地として別途、表地と共布のシルク生地を使用することがあります。

このように裏地にも張り感のあるシルク生地を使用することで、見た目にもシワがよりにくく、しっかりとしたドレスができあがります。



◆ 表地の補強
ウエストに切り替えのないドレスでは、上身頃の型崩れを防ぐために表地の裏側に補強を施しております。

Aライン、およびストレートラインのドレスはドレス全体に補強を施しております。

もちろんすべてのドレスに裏地をお付けしておりますのでこれらの補強部分は直接肌に触れることも、見えることもありません。

このように補強することで見た目も強度も格段に良くなるのです。



◆ 縫い代の補強
力のかかる両脇の縫い代には、少々の力では縫い目が広がらないように補強を施しております。

左の写真では、色が他の箇所と異なるところが補強が施された部分になります。

クチュールならではのお仕立てですね♪



◆ 裏地留め
スカートの裏地部分は、脇に縫い代がある場合は裏地留めをお付けしてきちんと表地に留めております。

こちらも高級商品ならではのお仕立てになります。




クラシックダーナでは、世界的に認められた高級感あふれるシルク生地を生かすべく、丁寧なお仕立てもご提供しております。


ぜひ、当店のドレスをお楽しみください。







トップへ戻る↑